無料 レンタルサーバー

出会い系とは何だ

出会い系とは何だ
セフレの故郷
人妻が去来した
熟女の真っ只中
不倫は勇気がいるか
メル友との関係は
アダルトが大好き
無修正の一覧
アダルトビデオを買いました
カリビアンコムの頃合
天然むすめと共同生活
ホーム >>

白筋髪切


シロスジカミキリ(白筋髪切 Batocera lineolata)は、コウチュウ目(鞘翅目)・出会い系科に分類される甲虫の一種。
日本の出会い系の中では最大種で、雑木林によく生息する南方系の出会い系である。
[編集] 特徴 触角を除いた成虫の体長は5cm前後。
体は光沢のない灰褐色で、前翅には黄色の斑紋や短いすじ模様が並び、前胸の背中側にも2つの縦長の斑点がある。
ただしこれらの模様は死ぬと白色になり、和名もこれらの「白いすじ模様」に由来する。
また、体側には複眼のすぐ後ろから尾部まで太い白帯模様が走っているが、これは上からは判りにくい。
触角の長さは体長の1倍-1.5倍ほどで、オスの方が触角が長い。
頭部はゴマダラカミキリなどに比べて複眼が大きく、発達した大顎も相まっていかつい風貌である。
インド東部から朝鮮半島、日本まで東南アジアに広く分布する。
日本では本州以南に分布するが、標高の高い山地には少ない。
幼虫・成虫ともクリ、クヌギ、ナラなど、ブナ科樹木の生木で見られる。
平地から丘陵地の雑木林やクリ畑によく生息する。
成虫は夏に発生するが、昼間は木の梢や木の周囲の茂みなどにひそむ。
夜になると木の周囲で活動し、生木の小枝をかじって食べる。
また、灯火に飛来することもある。
[編集] 生活史 交尾が終わったメスは生木の幹の低い所にやってきて、木の皮をかじって円形の穴をあけて産卵する。
メスは横に移動しながら次々と産卵するので、木の幹には産卵痕が輪状に残る。
それらの産卵部位では師管や道管も損傷するので、樹皮が再生してもささくれ立ったような状態になったり、こぶ状に肥大したりする。
ふ化した幼虫は樹皮下に食いこんで材部を食べる。
幼虫が材部を掘り進むとトンネルができ、木の強度が弱くなって折れやすくなる。
殊にシロスジカミキリは大型になるうえ、3年-4年かけて成長するので木へのダメージも大きい。
強風などでクリやクヌギの太い木が根元から折れてしまうことがあるが、これも材部がシロスジカミキリに食い荒らされたことによるものが多い。
充分に成長した幼虫は幹の中で蛹になり、羽化した成虫は木の幹に直径2cm-3cmほどの円形の穴を開けて外に姿を現す。
ブナ科樹木を食い荒らすのでクリ畑などでは重要な害虫だが、雑木林の新陳代謝を促す一面もある。
また、成虫の脱出痕や産卵痕からは樹液が染み出すので、カブトムシ、クワガタムシ類をはじめとした昆虫類が多数集まる。
なお、幼虫に寄生するハチとしてコマユバチ科のウマノオバチ Euurobracon yokohamae Dalla Torre, 1898 が知られる。
長い産卵管を木の幹に突き刺し、幹にひそむ幼虫に産卵する。
卵からふ化したハチの幼虫は出会い系幼虫の体を食べて成長する。
側面からの画像。
発達した大顎と複眼、体側の太い白帯模様がみえる [編集] 近縁種 シロスジカミキリ属(Batocera 属)は東南アジアに広く分布する。
出会い系類の中でも大型種の部類に入る。
ニューギニア周辺に分布するウォレスシロスジカミキリ Batocera wallacei Thomson, 1858 は体長7cm、オスの触角の長さが20cmに達する大型種である。
触角の他に脚も太くて長く、脛節が弓のように外側に湾曲する。
なお、この種小名 wallacei はイギリスの生物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレスに由来する。
現地では幼虫を食用にしている。
日本では沖縄本島周辺にイチジクカミキリ Batocera rubus Linnaeus, 1758 が分布するが、これは在来種ではなく、20世紀後半頃にイチジク属樹木の輸入を通じて東南アジア方面から移入した外来種と考えられている。
和名どおりイチジクやクワなどの生木にやってくる。

胡麻斑髪切


胡麻斑髪切
ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切 Anoplophora malasiaca)は、コウチュウ目(鞘翅目)、出会い系科に分類される甲虫の一種。
大型でいろいろな木を食べるため、日本に分布する出会い系の中でおそらく最もよく知られた種類である。
成虫の体長は2.5cm-3.5cmほどで、全身が黒い。
特に前翅は光沢のある黒色に白い斑点が並んでいてよく目立ち、和名もこれに由来する。
前翅以外の部分はあまり光沢がなく、腹側や脚は青白い細かい毛で覆われる。
触角は体長の1.5倍ほどで、触角を形作る各節の根もとにも青白い毛があるため、黒と青のしま模様に見える。
日本全土に分布し、離島では佐渡島、伊豆諸島、対馬、屋久島に分布する。
[編集] 生態 ゴマダラカミキリは幼虫・成虫とも生木を食べるが、食樹が非常に幅広いのが特徴で、ミカン類、ヤナギ、クリ、クワ、イチジク、プラタナスなど多岐にわたる。
果樹や街路樹として利用される木にもやってくるので都市部でも姿を見ることができ、わりと大型で目立つ体色であることも相まってよく知られた出会い系となっている。
成虫は6月-8月に発生する。
特に昼夜の区別なく活動し、食樹の葉や若枝のみずみずしい樹皮をかじって食べる他、食樹の周囲を歩いたり飛び回ったりする。
夜は灯火にも飛来する。
交尾を終えたメスは生木の樹皮をかじって産卵し、幼虫は生木の材部を食べて成長する。
幼虫は成長すると幹内部を降下し、主として根株の内部を食い荒らす。
成虫になるには、個体によって1年かかるものと2年かかるものがいる。
幼虫が侵入した木は幼虫の活動によって幹に穴が開き、木屑や樹液が出るようになる。
蛹を経て羽化した成虫は木の幹に円形の穴を開け、木の外へ姿を現す。
幼虫が材部を掘り進むと直径1cm-2cmほどのトンネルができ、木の強度が弱くなって折れやすくなる他、ダメージを負った木は成長不良に陥り、枯れることもある。
果樹や街路樹に被害が出ることもあり、特にミカン農家ではゴマダラカミキリは重要な害虫の一つとして警戒されている。
[編集] 近縁種 中国から朝鮮半島にかけてはツヤハダゴマダラカミキリ Anoplophora glabripennis (Motschulsky, 1853) が分布する。
こちらも日本のゴマダラカミキリと同様に幅広い食性を持ち、ポプラ、カエデ、ニレ、ヤナギ、ニセアカシアなどを食樹とする。
木材の輸出を通じてアメリカ合衆国にも侵入し、カエデなどを枯死させる被害を与えていることから、"Asian long-horned beetle"と呼ばれ、駆除が行われている。
各国の検疫機関でも警戒されている。
日本の昆虫学者の多くは誤同定、あるいは朝鮮半島が日本領であったときの日本国内産を意味する文献だと判断しているが、この種が日本列島から採集されたとする文献があり、国によっては日本産の広葉樹材も輸入規制対象とされているケースがある。


深山髪切
ミヤマカミキリ(深山髪切、Massicus raddei)は、昆虫綱鞘翅目出会い系科に分類される出会い系。
[編集] 分布 日本(北海道、本州、四国、九州) [編集] 形態 体長3.2-5.7cm。
日本に分布する出会い系科の構成種では、最大種の1つ。
体色は褐色で、全身が細かい褐色の毛で覆われている。
前胸背板には横皺が入る。
[編集] 生態 森林等に生息する。
夜行性。
街灯等に飛来することもある。
食性は植物食で、成虫は樹液を、幼虫は生木を食べる。
繁殖形態は卵生で、樹皮や木の割れ目等に卵を産みつける。
[編集] 生活環 生後3年程で成虫になる。
日本での出現時期は6-8月。
[編集] 人間との関係 幼虫はイチジク、クリ、リンゴ等といった果樹を食害する害虫。
   

瑠璃星髪切
ルリボシカミキリ(瑠璃星髪切)Rosalia batesi は、コウチュウ目(鞘翅目)・出会い系科・ルリボシカミキリ属に分類される甲虫の一種。
「瑠璃」の名の通り、鮮やかなブルーの体色が美しい昆虫で、(近縁種を含め)切手などの意匠にもたびたび登場する。
[編集] 特徴 北海道、本州全土、隠岐諸島、四国、九州から屋久島まで広く分布するが、西日本での分布は局所的である。
日本の固有種で外見も鮮やかなことから、日本を代表する甲虫としてルリボシカミキリを挙げる昆虫愛好家も多い。
種小名の"batesi"は、イギリスの昆虫学者ヘンリー・ウォルター・ベイツに因んだ献名である。
体長16-30mmで、日本の出会い系としては中型の部類に入る。
雌雄による体色差はないが、緑色がかった青から淡い水色まで、さまざまな色の個体が存在する。
前翅に見られる3対の黒い紋様の形・大きさにも地域変異がある。
また、体全体がビロード状の細かい毛で覆われる。
触角は多くの出会い系がそうであるように、その長さも体長を大きく超え、約2倍ほどまでになる。
雄の方がより長い。
触角は節ごとに青と黒に色分けされるが、黒色部に短毛の束があるのでそこが膨らんで見える。
ブナやナラ、クルミ、シラカバ、カエデなどの広葉樹の雑木林に生息し、特にブナ科とクルミ科の(枯死した)樹木を好んで集まる。
近年の森林開発などによって生息域が狭められ、その数は減少傾向にあると考えられる。
[編集] 生活環 成虫の出現時期は6-9月で、日中に活動をする。
成虫越冬はせず、秋が訪れる頃には死ぬ。
主な餌となるのは植物の花粉、果実、樹液などである。
シロスジカミキリやゴマダラカミキリのように生木を食害することはない。
成虫は昼頃までは餌を採り、それから繁殖のため、倒木や貯木場、立ち枯れた広葉樹のある場所に移動する。
新鮮な材よりも、より朽ちたものを好む。
卵はブナやナラなどの枯木や伐採木の樹皮の隙間に産み付けられ、孵化した幼虫はその枯死材部を食べて育つ。
脱皮を繰り返しつつ枯木内にて約3年間を過ごし、蛹の段階を経た後、成虫となって外の世界に現れる。
[編集] 近縁種 Rosalia longicornルリボシカミキリ亜属 Subgen. Rosalia ヨーロッパ(アルプス)ルリボシカミキリ R. (Rosalia) longicorn Linnaeus, 1758 中央ヨーロッパ原産種。
アルプス山脈よりも東側に分布する。
ルリボシカミキリよりも、より灰色がかった淡い青の個体が多い。
近年生息数を大幅に減らしており、ドイツ、ポーランド、ハンガリーでは保護されている。
アメリカルリボシカミキリ R. (Rosalia) funebris Motschulsky, 1845 北アメリカ原産種。
ルリボシカミキリやヨーロッパルリボシカミキリよりも前翅の黒(濃紺)の部分の面積が大きく、むしろ淡い青の部分の方がスポットに見える。
ベニボシカミキリ亜属 Subgen. Eurybatus ベニボシカミキリ R. (Eurybatus) lesnei Boppe, 1911 和名通り前胸背と前翅の地色が赤い。
分布域もルリボシカミキリとは対照的に台湾から石垣島、西表島に分布する。
東南アジアの熱帯・亜熱帯域に多くの類似種がある。
なお、ホシベニカミキリ Eupromus ruber (Dalman, 1817) は和名がよく似るが別種である。
フェリエベニボシカミキリ R. (Eurybatus) ferriei Vuillet, 1911 奄美大島に分布。
前胸背と前翅の地色が橙色で、触角に短毛の束が無い。

Ramie髪切
ラミーカミキリ(Ramie髪切)Paraglenea fortunei は、コウチュウ目(鞘翅目)・出会い系科に分類される甲虫の一種。
初夏にカラムシなどに集まる小型の出会い系で、日本では西日本の各地で見られる。
名前は本種の食草のひとつであるラミー(Boehmeria nivea var. candicans Wedd.:カラムシの変種の一つ)から。
[編集] 形態 成虫の体長は1cm-2cmほど。
小型の出会い系だが、体は鮮やかな黒と緑白色に色分けされる。
ただし緑白色部分は個体や標本の状態などによって青白色や黄白色にも見える。
背中側から見ると前胸の背中側は緑白色で2つの円い黒点があり、ジャイアントパンダの顔のように見える。
前翅は黒いが後半部にこれも緑白色の太い横帯模様がある。
前翅のつけ根にも小さな白い斑点が出るが、この斑点の大きさには個体差があり、ほとんど目立たない個体もいる。
触角は体長とほぼ同じ長さである。
[編集] 生態 ラミーカミキリ成虫の食痕。
カラムシの若い茎が表皮を齧られてしおれている。
葉裏の葉脈も齧られている。
成虫は5月-8月頃に発生し、イラクサ科のカラムシ、ヤブマオ、アオイ科のムクゲなどを食草とする。
昼間に活動し、食草の茎や葉をかじって食べたり、周囲を飛び回ったりする。
ゴマダラカミキリなどに比べると身軽で、捕えようとすると飛んで逃げる。
幼虫は食草の茎の中に食いこみ、茎の髄を食べて成長する。
成長した幼虫は地下茎にまで食いこむ。
秋から冬にかけて食草の根もとを切ると、3cm-4cmほどの白くて細長い幼虫が出てくることがある。
[編集] 分布 インドシナ半島北部から中国、台湾、日本まで分布する。
ただし後述するように、日本のものは幕末〜明治にかけて侵入した外来種とみられている。
日本国内での分布は関東地方以西の西日本で、九州ではわりと多く見られる。
これは冬季の平均気温4℃の線以南の地域とほぼ一致するとされ、温暖化にともないその分布域が北上傾向にあるとも言われる。
日本で最初の記録は、英国人昆虫学者 H. W. ベイツによる1873年のもので、これは1864年から1872年にかけて茶葉貿易の仕事で滞日していた英国人昆虫研究者 G. ルイス(George Lewis)が長崎で採集したもので、繊維を採るために導入されたラミーと共に移入されたものだと考えられている。

その他

関連項目

  • キマダラタカネジャノメ
  • キマダラルリツバメ
  • クジャクチョウ
  • クロアゲハ
  • クロコノマチョウ
  • クロシジミ

Yahoo!検索

無料 レンタルサーバー